2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

どのような内容でも遠慮しないでお尋ねください。

プロがしっかりお答えします!

 

思い立ったら今すぐご連絡を!

      ↓

     メール

 

又は

TEL 

048 - 778 - 9720

 

AM9:00~12:30

(水・土・日 PM 1:30まで)

 

PM3:00~7:30

(水・土・日は予約制です)

木・祝日休み 

お電話が取りにくい状況のため、皆様にはご迷惑をおかけします。

 

尚、予約時間帯は電話に出ることが困難なためご遠慮ください。

 

往診も行います。

是非ご相談ください。

What's New

 

来院地域

 

 埼玉県

さいたま市      上尾市
桶川市  伊奈町
北本市  鴻巣市
行田市

 久喜市

加須市

 白岡市

蓮田市

 川越市

川島町

 吉見町

春日部市

 

 

 

東京都

 

練馬区

 豊島区 

西東京市

 武蔵野市

 
など
 
些細な事でも遠慮無くお尋ねください!  
   ↑ 
 クリック
 

アクセスカウンター

宅配買取 ***word-2*** ***word-3*** ***word-4*** ***word-5*** ***word-6*** ***word-7*** ***word-8*** ***word-9***

交通事故(自賠責保険) 

労災指定

お困りなら当院へ!!

TEL 0487789720

AM 9:00PM 7:30 (・祝休)

JR高崎線北上尾駅 徒歩約10

旧中山道沿い(駐車場4台)

ブログ

2015年

1月

14日

結石

ここ数年で、尿管結石になる人が多いらしい。

特に若い年代の女性に急増しているらしいです。



それまでは4050代の男性に多く、仕事でのストレスや、食生活の乱れなどが原因。



最近は仕事を持つ女性が多く、頑張りすぎてしまう傾向のある方は注意が必要でしょう。




対策や改善策と言えば食生活の改善。

シュウ酸の多い食品はなるべく避け、水分多めに摂取し、ストレスもあまり溜めないように!



と、どこの病院でも言われます。




結石による激痛は耐え難いもので、前兆はあっても酷くなるまで我慢してしまいがちです。

特に女性は痛みに強いせいか、酷い状態で病院に行く方が多いそうです。



処方される薬を見ると、痛み止めと尿管を広げる(?)ものだそうです。



腎臓に出来てしまった結石が尿管へ落ちると激痛が襲ってきます。

なのでその結石を早く流してしまえば痛みは不思議と引くのです。



ただ、結石が大きくてなかなか流れなかったりする場合は、痛みが長引き、また膀胱に落ちても排泄されなければ、残尿感やトイレが近い、などの違和感が出てきます。



痛みは腰部に出てきます。

当院は整骨院ですので、腰痛を訴える方の中に結石で辛いという方が来られます。

基本的に薬物で様子をみているので、手が出せません…



そこで調べたところ、結石を年単位で考えると徐々に小さくなっていく方法などがありました。

それは食品やオイルを使った療法です。



疑わしいものは排除し、納得出来そうな療法を探し出して患者さんに伝えてみたところ、是非に!と言われたので行ってみました。



この患者さんは結石で入院するも結石は流れず、薬物療法で様子をみながら…ということで退院。

二週間後に病院外来へ行くことになってます。

退院後も痛みは引かず、コルセットで腰を固めて過ごされてました。




初回、時間にして1時間ぐらいでしょうか、オイルを浸潤させ、反射ポイントを刺激。

とにかく楽になったと言われ、嬉しそうな表情を浮かべてました。



二日目、やはり時間にして小1時間。昨日とほぼ同じ施術。



三日目、四日目と同じ施術でしたが、五日目は身体が軽く、トイレが近いという難点はありましたが、仕事も順調にこなせていたそうです。



数日後、外来で検査したところ尿管にあった結石は消失!!膀胱にも結石は見あたらなかったということです。



よかったですね!!




これはあくまでも民間療法の域ということなどを患者さんに説明し、保険適応外などの合意を得た上での施術です。

2015年

1月

14日

2013.7 蛾

7/28(日)約半年ぶりに友人に会った。



志を共にする仲間で、いろいろな刺激を受けました。



私も頑張らなきゃな~о(ж>▽<)y ☆




翌日、職場に行くと一匹の蛾が…



ひらひら飛んで、開けた窓から飛んでいってしまいました(*Oノ ̄*)



調べてみると、蛾は蝶と殆ど変わらず、触覚などの一部分の違いで分かれるらしい。




何かのメッセージかな~とか思いつつ…




そして昨夜、寝床に入ると胸元でノソっと動くものが!(゚ー゚;



明かりをつけて確認してみると、なんと蛾の幼虫が!!



どっから入ってきたんだろ?



ましてや胸元までのそのそと。




これはやはり何かのメッセージかな~?




そういえば開業前、蝶か蛾かどちらかの幼虫がドアの所でふ化して飛んでいったな~




何が起こるか楽しみに過ごしま~すヽ(゚◇゚ )

 

2015年

1月

14日

2013.7 続き

SAM前世療法二回目のセッションで、クライアントより前回出てきたヨーロッパ男性に聞きたいことがあるとの申し出を受けていましたので、古代を生きた女性から現世の者へと変わっていただき、そこからヨーロッパの男性へと変わっていただきました。



この男性は前回のような悲しみに満ちているようではなく、しっかりとこちらの質問に答えていただけました。

傷の具合など癒されているようで、他の過去の者や現世の者に協力してるとのことです。





催眠から覚醒したクライアントに、催眠中に起こった出来事と考えを伝えました。



クライアントの前世人格は、このSAM前世療法を行う前日から待ち遠しく、既にのど元まで出かかっていたため、催眠導入時は苦しかったと、弛緩が遅かった意味がわかり、また前回のヨーロッパ男性については聞きたかった答えが聞けて良かったと、非常に納得感のあるすがすがしさを私に伝えてくれました。




SAM前世療法では、「魂の表層におられる前世の人格たちは、当時の感情そのままで今も生きている」という仮説があります。

つまり現在進行形で魂の表層に存在しているということになります。(稲垣勝巳先生より)



ヨーロッパ男性についてクライアントが二回目で感じたことは、「一回目の時は鬱っぽい感じの男性だったけど、二回目の時は鬱っぽい感じがなくなり、明るくなっていた」ということでした。



これはヨーロッパ男性の人格が変化したということです。

魂が感じている「悲しみ」が癒され、現世の者は「可愛くなった」らしいです(クライアントの知人より)。



まさにSAM前世療法で魂の成長が進行形で行われたということになると思われます。

 

2015年

1月

14日

2013.7 続き

前回の続きです。



前回、一旦のセッションを終え、クライアントの感想として



「当日はまだ前世の人物の記憶が鮮明であったが、それでも自分の記憶とは違う認識でいた。時間が経てば経つほど思い出そうとすると誰の記憶として感じればいいのか混乱するものがあった。」



クライアントは以前より自分のとは違う記憶があったようです。

それが、過去の者のなのか何なのかが分からず、今回のセッションを受ける動機にもなったようです。



「翌日以降昼夜問わず強い眠気におそわれる。それまで1日の睡眠時間が3時間程度であったのが、一度に7時間も寝たり昼寝をしてしまったりと、まるで初期妊婦のように抵抗できない眠さがしばらく続いた。



(魂状態から肉体に戻す時)ズレていたのが正常の位置にぴったりおさまった効果は実感できなかったが、施術から一ヶ月後には体の右側ばかり痛む状態になっていたのでそれまでの一ヶ月ほどは右側もカバーされていたのだろうと推測される。」



睡眠不足なのか、肉体的な疲労が蓄積していたと思われます。気分は上々だそうです。もとより体の右半身の痛みや不都合があったが、施術後一ヶ月間はそういった不都合を感じず生活できたようです。




二回目の施術の時、前回のセッション後、気になったことなどをまとめてくださいとお願いしたので、前回セッション終了間際に顕現化した人物と一緒に続いてSAM前世療法を行ったのです。



二回目



前回終了間際に顕現化した者の気持ちは、クライアント曰く、怒っている感じであったようです。



催眠導入時、運動催眠に移行する時に通常ならば肉体の弛緩がおきているはずなのですが、このクライアントの表情は硬く、しかし、催眠には入っていることが確認できているので、完全に弛緩するまで慎重に事を運ぶことにしました。



通常の倍ほどの時間をかけ、また、すぐに催眠を解けるように準備をしながら進めた結果、顕現化した者は



古代日本の女性



権力闘争に巻き込まれ殺害される



この世でやりたいことがあったが、夢叶わず



といった傷を抱えていました。



太陽信仰でしょうか?そのような身振りを行い始め、また多くは語ることができず、やっと傷になっている思いを少しずつ伝えてくれたのでした。



またこのクライアントは、顕現化した女性を以前よりうすうす感じていたらしく、よく分からない感情として心の中にしまい込んでいたようです。



しまい込まれてしまった女性は、自分を見てくれていないという思いから、怒りの感情をもって、顕現化したのだろうと思われます。




時代の流れによって亡くなってしまった命を、転生を繰り返しながら成長していくため、現世の者の力になってほしいとお願いと約束をし、またセラピストとして、現世の者に過去の自分がいることを認める約束をしてセッションを終了しました。




この過去の者は顕現化できたことが気持ちよく、現世の者と交代するのを拒むほどでした。

ここで私は「約束」という事の大切さを話し、今回再セッションできたことのありがたさを伝え、満足するまで待ったのです。

約五分ほど余計に顕現化させ、「ありがとう」との言葉を残して現世の者へ交代したのでした。




催眠導入時、完全な弛緩ができなかったのは、既にのど元まで過去の女性が出てきていて苦しかったようです。

前日より待ちきれない思いがあった、とセッション終了後教えていただきました。




続く

2015年

1月

13日

2013年7月

SAM前世療法を受けられた方からのレポートが来ましたので、記載していきたいと思います。本人の了承済みです。

 

……………………………………………………………………………………

 

催眠導入時、通常の意識状態との境目を感じることはほとんど無く、始終ゆったりとした気分でいられた。

海の底に落ちていく暗示を受けた時には深くリラックスしており、とても幸せな気持ちに包まれているようだった。

 

どのタイミングだったか、エアコンの風が当たるので止めてほしい、と思っても声に出せなくなっていた。その時は地球の核にいるかのようだった。エアコンが止められてホッとするいつもの感覚も残っていた。

(セラピストの感覚でエアコンは止めました。)

 

魂状態で、サインを出す指が動いているのかどうか分からず、先生の受け答えから自分が Y/Nの意思表示をしているのを知った。

 

年代について聞かれた時、紀元1000年より前だ!と思っていたのに実際には14世紀と返事をしていたのが意外であった。

場所について、「ヨーロッパですか?」の声を聞いたところから動悸が激しくなり大変苦しかった。その反応はとても自然で他人事ではなく、完全に自分自身の傷をえぐられている苦しみだった。

 

23歳で家族を亡くす体験をして魂に傷を負ったが、現世の自分も23歳である種の異常体験をしている。23歳に向けて着々と準備がなされていたと言うことが今ならよく分かる。

 

施術中号泣したにもかかわらず、現世の自分はそれを冷めた目線で見ている。

傷を癒すために家族の死について諭され、現世の自分に協力することを約束した。

 

魂状態から覚醒する時、非常になめらかで、体がとてもあたたかく元気になり、家まで走って帰るほどだった。

 

……………………………………………………………………………………

 

という、クライアントが感じる部分を鮮明に書いていただけました。

 

このクライアントは占術家であり、24歳ぐらいまで「失った記憶」を取り戻したいと思っていました。

「失った記憶」とは何なのか?が気になっていたようです。

 

顕現化した過去世の人物は、14世紀にヨーロッパで生きた男性。

話を伺うと、23歳の時に妹を亡くされました。

無くなった現場に居合わせることができなかったため、妹の死を受け入れられず悲しい思いで生きていたようです。

 

現世の人物は23歳の時、理由も分からず不眠症になってしまいました。

 

これは過去世の人物が体験してしまったものを、現世の者に訴え続けていたということです。

 

職業は天文学者。

現世の者は、現在占術家として生きているので、この過去の者の影響を強く受けていると言えます。

 

妹の死を受け入れられず、守ってあげられなかった思いが自己を責め、鬱状態となってしまったのです。

 

それがこの者の傷でした。

 

心七分と言われる中世ヨーロッパでは、家族はかけがえのない仲間だったのでしょう。

 

時代背景を読み、死についての納得をしていただき、ヒーリングを行い現世の者への協力を約束していただきました。

 

 

ここでセッションを終了しようとした矢先、もう一人の人格が現れたのです!!

 

通常は暗示をかけなければ出てこないのですが、余程強い訴えを持っていたのでしょう。

 

ですが長時間のセッションでクライアントの疲労度などを考え、再セッションの約束をして終了しました。

 

再セッションの記録は後日記載します。

 

 

このセッションで、

23歳である種の異常体験をしている。23歳に向けて着々と準備がなされていたと言うことが今ならよく分かる。」

とクライアントの気になっていた引っかかりの解消がなされたわけです。

光整骨院        

            JR高崎線北上尾駅 徒歩約10

           埼玉県上尾市上109 C-101(旧中山道沿い・駐車場4台) 

※  平日夜や木曜日・祭日はご相談ください。

※ 祭日は急な休診日の代わりに開くことがあります。電話にてご確認ください。

 

 

TEL 0487789720

 

         AM9:00 ~ 12:30(水・土・日 PM 1:30まで)

 

          PM 3:00 ~ 7:30(水・土・日は予約制です)

 

木・祝日休み

 

どのような内容でも、遠慮しないでお尋ねください。

 

思い立ったら今すぐご連絡を!  メール 又はお電話を。